未分類

ブロガーやライター必携! 執筆がはかどるKingjimのポメラDM250を購入したので、前機種のDM200と写真で比較してみました。

ポメラDM250とDM200の比較

KingjimさんからポメラDM250が発売開始となりました。

ポメラDM250

KingjimポメラDM250メーカー公式サイト

ブロガーさんや物書きさんにこよなく愛される執筆専用マシン。

蓋を開けばすぐに執筆画面。ネットにつながらないという不自由さが、かえって「執筆に集中させてくれる」というメリットを生み出してくれます。持ち運びに便利な軽量、コンパクトな筐体。自分の好きな場所で、書くことに没頭できる。誘惑の多いこの時代だからこそ、書くことに特化された環境が約束されているのは、なんともたまらない所有欲を満たしてくれます。

2008年にデビューしたポメラDM30から、数えて三台目のポメラを購入することになりました(DM30→DM200→DM250)。今回は、DM250の前機種であるDM200との違いについて気が付いた点を写真でご紹介します。

※なお、DM250は初回モデルについて250台限定で白色の筐体が販売されました。現在は完売しているとのことです(2022/7/30現在)。幸運にも自分は白モデルを購入できましたので、下記では白ポメラDM250と黒ポメラDM200とを比較しています。

写真で比較するポメラDM250とDM250の違い

ポメラDM250とDM200の比較
ポメラDM250とDM200の比較。白モデル可愛すぎる…。
ポメラDM250とDM200の比較
ポメラDM250とDM200の比較。DM200までは、いわゆる「加水分解」されてしまうボディでしたが、DM250からはマット調に変わっています。質感がたまりません。
ポメラDM250とDM200のキートップの比較
ポメラDM250とDM200のキートップの比較
つるつるとしていたキートップがDM250になって、心地良くタイピングできるざらつきのあるものに変更になりました。
DM200とDM250の純正ソフトケースの比較
DM200とDM250の純正ソフトケースの比較。DM250よりDM200のケースのほうが一回り小さくなった印象。出し入れが窮屈になった感覚はありますが、持ち運ぶ際のシャープさが際立ちます。

到着、開封してからまだ数時間。細かい使い勝手などについては、後々ご紹介していけたらと思います。まずは今回、DM200とDM250の二台持ちだからこそ分かるポイントについて、ファーストインプレッションを写真でお伝えしてみました。

白ポメラ、かわいいです・・・。